プロフィール メッセージ&ニュース ギャラリー 作品紹介 高木雛 書道教室 京都・東京・富山 お問い合わせ
Hina Takagi Official Website
高木雛 書家
最新のお知らせ
アナウンス アーカイブ
2015年4月1日 書家 高木雛「書のうつわ」が発売に。
象形文字を用いて日常に溶け込むような作品を創りたいと考えておりましたが、その想いが信楽陶芸作家さまとのお出会いにより形となり、発売させていただく運びとなりました。
まずは簡単にご紹介させていただきます。
詳しいご案内ページへ。
2015年4月1日(水)〜5日(日)
旧暦ひな祭り
「さくらとひなの書の宴」
  +清水寺 成就院パフォーマンス
高木雛 手本 祝詞練習帳 桜が満開となった京都祗園の「Salon de 新門前」さんにて、「さくらとひなの書の宴」と題した高木雛流旧暦ひな祭り・書作品展を開催させていただきました。高木雛のアートなお友だちのライブも特別開催させていただき、期間中2日には清水寺成就院さまにて、書のパフォーマンスも披露させていただきました。
詳しいご案内ページへ。
2015年2月8日 京都教室の移転OPENと祝詞練習帳の出版を記念したパーティを京都にて開催させていただきました。
般若心経インスピレーション展
書:高木雛 画:空祥による書画展に、活花:小山幸容さま 琵琶演奏:黒田月水さまを特別出演としてお招きした展示会+ディナーショーは無事大盛況のうちに終了となりました。ご支援・ご来場いただきました皆さま本当に有難うございました。当日の詳細レポートは以下のリンク先ページからご覧いただけます。     イベントの詳細レポートページ。
◆過去のアナウンスは、ニュースページからご覧いただけます。
女性書家 高木雛
4月1日から5日間、京町家「salon de 新門前」さまで開催させていただいた「さくらとひなの書の宴」に出展した作品。
上段の書は「作・楽・花」の3文字ですが題名は「さくら」。かつて桜は作楽とも書かれており、その字の通り桜の花は楽しさを作る花とされていましたので、この作品を書いてみました。
下段の作品の題名は「笑う咲く」。「咲」「笑」の草書にあたりますが「咲」の音読みがショウであるように、かつては同じ文字が使われていました。
「さくらとひなの書の宴」の副題を旧暦ひな祭りとさせていただきましたので、日本の漢字に対する古の心も少しお伝えしたく、これらの作品を出展させていただきました。
   
Copyright (C) Hina Takagi .com ・ 当ウェブサイト内の画像・文章・情報の無断使用・転載等は固くお断り申し上げます。
japanese calligrapher / Hina Takagi